Presentation2019

第46回有機典型元素化学討論会@松山2019年12月15-17日

1.ヨウ素と可視光を利用する分子変換反応の開発
◯山口英士・伊藤彰近(ポスター)

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2019@名古屋市2019年11月10日

1.カチオン性ヨウ素を用いたオレフィン類のカルボヨウ素化反応の開発
◯後藤まゆき・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

2.触媒量のフェナントロリンを用いたオレフィン類とブロモマロン酸ジメチルの 光化学的付加反応
◯近藤丈将・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

3.アントラキノンを用いた有機光触媒による芳香族アルデヒドの酸化的アミド化反応
◯内田誠一郎・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

第45回反応と合成の進歩シンポジウム@倉敷2019年10月28-29日

1.複素環化合物を光触媒として利用したオレフィン類と四臭化炭素との付加反応
◯松尾一樹・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(ポスター)

第9回CSJ化学フェスタ2019@東京2019年10月15-17日

1.分子状ヨウ素と可視光を利用した共役ジエン化合物の位置選択的ラクトン化反応の開発
◯武田充未・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(ポスター)

2.超原子価ヨウ素化合物を用いる銅触媒的イナミド合成法の開発
◯高井亮吾・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

3.カチオン性ヨウ素を用いた不飽和結合のカルボヨウ素化反応の開発
◯後藤まゆき・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(ポスター)

4.エチニルベンズヨードキソロンとスルホンアミドを用いるビニルベンズヨードキソロンの合成と反応に関する研究
◯新保大輔・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

2019年光化学討論会@名古屋2019年9月10-12日

1.Development of lactonization reaction via regioselective bifunctionalization of conjugated dienes with visible light
◯TAKEDA, Mitsumi; MAEJIMA, Saki; YAMAGUCHI, Eiji; TADA, Norihiro; ITOH, Akichika(ポスター)

第27回 国際複素環化学会議@京都2019年9月2-6日

1.Development of efficient photocatalytic system for ATRA using pyridine-based photocatalyst
◯YAMAGUCHI, Eiji; ITOH, Akichika(ポスター)

2.Development of Carboiodination Reaction of Unsaturated Bonds Using Cationic Iodine
◯GOTOH, Mayuki; YAMAGUCHI, Eiji; TADA, Norihiro; ITOH, Akichikaa(ポスター)

3.Development of Lactamization Reaction Through Three-Components Reaction Using Iodine and Visible Light
◯MAEJIMA, Saki; YAMAGUCHI, Eiji; TADA, Norihiro; ITOH, Akichika(ポスター)

第22回ヨウ素学会シンポジウム@千葉2019年8月30日

1.エチニルベンズヨードキソロンを用いるcis-β-アミドビニルベンズヨードキソロンの合成に関する研究
◯新保大輔・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

2.アルキニル超原子価ヨウ素を用いた銅触媒的イナミド 合成法の開発
◯高井亮吾・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

20th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (20-OMCOS)@ドイツ2019年7月21日-26日

1.Atom-Transfer Radical Addition reaction via visible light photredox copper catalysis
◯MATSUO, Kazuki; YAMAGUCHI, Eiji; TADA, Norihiro; ITOH, Akichika(ポスター)

2.Ni-catalyzed Reductive Carbonyl addition reaction
◯YAMAGUCHI, Eiji; ITOH, Akichika(ポスター)

第4回プロセス化学国際シンポジウム@京都2019年7月24日-26日

1.Developmental Research of Ynamides Synthesis Method Using Copper Catalyst and Hypervalent Iodine Compounds
◯SHINBO, Daisuke; TADA, Norihiro; YAMAGUCHI, Eiji; ITOH, Akichika(ポスター)

2.Synthesis of Ethynyl Benziodoxolone (EBX)−Acetonitrile Complex and Reaction with Sulfonamide
◯TAKAI, Ryogo; TADA, Norihiro; YAMAGUCHI, Eiji; ITOH, Akichika(ポスター)

第65回日本薬学会東海支部大会@名古屋2019年7月6日

1.エチニルベンズヨードキソロンを用いる4-イミダゾリジノンの合成
◯柴田篤・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

第54回有機反応若手の会@大阪2019年6月30日-7月2日

1.触媒量の複素環化合物を用いたオレフィン類と四臭化炭素の光化学的付加反応
◯松尾一樹・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

2.可視光とヨウ素を利用した共役ジエン化合物のラクトン化反応の開発
◯武田充未・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(ポスター)

3.エチニルベンズヨードキソロンとスルホンアミドを用いたcis-エナミド誘導体の合成研究
◯新保大輔・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

4.アルキニル超原子価ヨウ素化合物と銅触媒によるイナミド 合成法の開発
◯高井亮吾・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

第38回光がかかわる触媒化学シンポジウム@名古屋2019年6月21日

1.光反応を利用する各種複素環化合物の合成
◯伊藤彰近(口頭)

第17回次世代を担う有機化学シンポジウム@東京2019年5月31日-6月1日

1.異なる配位子を有する銅のPhotoredox触媒を利用したオレフィン類への付加反応の開発
◯松尾一樹・山口英士・伊藤彰近(口頭)

日本薬学会第139年会@千葉2019年3月20-23日

1.ニッケル触媒によるアルデヒドへの GrignardBarbier 型付加反応の開発
◯山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

2.シス-β-アミドビニルベンズヨードキソロンを用い たエナミド類の合成研究
◯新保大輔・湯田坂雅治・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

3.銅触媒と超原子価ヨウ素化合物を用いたイナミド合 成法の開発研究
◯髙井亮吾・湯田坂雅治・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

4.活性メチレンへのカルボン酸導入によるエステル構 築法の開発研究
◯木野村月南・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

5.エチニルベンズヨードキソロン (EBX)-アセトニト リル錯体の開発
◯多田教浩・湯田坂雅治・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

日本化学会第99春季年会@神戸2019年3月16-19日

1.ヨウ素を活性種とした酸化的Heck型反応の開発
◯後藤まゆき・前島咲・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

2.Niを触媒としたアルデヒドへのアリル化反応の開発研究
◯鈴木大之・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

3.連続フロー法を用いたオレフィンの効率的アリールアルコキシ化反応の開発
◯田口奈央・田中稚子・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

4.含窒素複素環類を用いたスチレンと四臭化炭素の光化学的付加反応に関する研究
◯松尾一樹・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

5.Development of lactones from conjugated dienes via regioselective bifunctionalization of olefins
◯TAKEDA, Mitsumi; MAEJIMA, Saki; YAMAGUCHI, Eiji; TADA, Norihiro; ITOH, Akichika(ポスター)