Presentation2020

日本薬学会第140年会@京都2020年3月25-28日

1.重水素化cis-β-アミドビニル超原子価ヨウ素化合物の合成
◯新保大輔・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

2.アルキニルベンズヨードキソロンを用いたアミノ酸誘導体の銅触媒的N-アルキニル化法の開発
◯高井亮吾・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

3.エチニルベンズヨードキソロンを用いた温和な条件での複素環合成法の開発
◯清水彩加・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

4.ジイ二ルベンズヨードキソロン(diyne-BX)の合成とジイ二ル化反応の開発
◯臼井傑・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(ポスター)

5.エチニルベンズヨードキソロンを用いたシス選択的エノールエーテル誘導体合成法の開発
◯浦智貴・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

6.有機光触媒による多環芳香族炭化水素類の新規合成方法の開発
◯山口英士・伊藤彰近(口頭)

日本化学会第100春季年会@野田2020年3月22-25日

1.ヨウ素と可視光を利用する三成分連結反応を介したイミノラクトン合成法の開発
◯前島咲・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭A)

2.可視光とヨウ素を利用したジエン化合物の位置選択的ラクトン化反応の開発
◯武田充未・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭A)

3.可視光とヨウ素を鍵とするジアステレオ選択的分子間ラクトン化反応の開発
◯大江華鈴・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭A)

4.Development of photocatalytic ATRA reaction of olefins and carbon tetrabromide
◯MATSUO, Kazuki; YAMAGUCHI, Eiji; TADA, Norihiro; ITOH, Akichika(口頭B)

5.アントラキノン触媒を利用するアミンとアルデヒドの酸化的アミド化反応の開発
◯内田誠一郎・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭A)

第49回 複素環化学討論会@オンライン2020年9月24-26日

1.可視光によるヨウ素の活性化を基軸とした三成分連結反応を介するイミノラクトン合成法の開発
◯前島咲・山口英士・伊藤彰近(口頭)

CSJ化学フェスタ2020@オンライン2020年10月20-22日

1.可視光を利用した共役ジエン化合物の位置選択的二重官能基化を経由したラクトン化反応の開発
◯武田充未・前島咲・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(ポスター)

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2020@オンデマンド2020年11月21-22日

1.可視光とヨウ素を利用した共役ジエン化合物の位置選択的二重官能基化を介したラクトン骨格構築法の開発
◯武田充未・前島咲・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

2.超原子価ヨウ素化合物を用いた銅触媒的アミノ酸由来イナミド合成に関する研究
◯高井亮吾・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

3.新規超原子価ヨウ素化合物を用いるジイニル化反応の開発
◯臼井傑・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

4.エチニル超原子価ヨウ素化合物を利用したシスエナミド合成に関する研究
◯新保大輔・多田教浩・山口英士・伊藤彰近(口頭)

第47回有機典型元素化学討論会@オンライン2020年12月3-5日

1.芳香族複素環を光触媒としたオレフィン類とアルキル臭化物のATRA反応
◯松尾一樹・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(口頭)

2.可視光とヨウ素の協働作用を利用した高反応性活性種の創出と、多様性指向型ラクトン合成法の開発
◯前島咲・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(ポスター)

3.ヨウ素を利用したカルボニルα位への直接アミノ化反応の開発
◯武田充未・前島咲・山口英士・多田教浩・伊藤彰近(ポスター)